Currently browsing category

伊達政宗

オーダー制作:伊達政宗:脛当

ご依頼制作#1の脛当が完成です。 最後のパーツ。「脛当(すねあて)」が完成しました。 政宗は本当に黒、紺、山吹で統一されたデザインですね。 脛当もいろいろ種類ありますが、政宗は筒脛当で足首から膝(この部分を立挙(たてあげ …

オーダー制作:「伊達政宗デザイン」甲冑完成

ご依頼制作#1「伊達政宗デザイン」甲冑が完成しました。 (今回、兜は含まれていません) 今回の制作内容: 胴「雪ノ下胴」 草摺り(九間六段) 篠籠手 佩楯 脛当 +鉢金 長篠で大活躍することを祈ります。 三日月の「宗久」 …

オーダー制作:伊達政宗:草摺り

ご依頼制作#1の草摺りが完成です。 政宗甲冑の草摺りは、九間六段になります。 「間」は胴につながっている1つ1つの部品を言います。 「段」はその1つ1つの「間」を構成する板の数を表します。 ですので、六枚の板で構成された …

オーダー制作:伊達政宗:佩楯

ご依頼制作#1の佩楯が完成です。 政宗の佩楯は黒と山吹色のコントラストがデザインの中心ですね。 全面を覆う板物が実用的な防御性を表現しており、実用的な政宗甲冑らしい。

オーダー制作:伊達政宗:籠手

ご依頼制作#1ですが、籠手が完成です。 といっても、片方だけなので、もう1つ作成する必要があります。 政宗の籠手は黒ベース。 鎖帷子と篠で防御を固める。 山吹色の縁取りで黒とのコントラストが際立ちます。 手の甲の中指付近 …

オーダー制作:伊達政宗:仙台胴

お客様より甲冑制作のご依頼を頂戴し、制作をしております。 伊達政宗風にとのご要望ですので、仙台胴の具足の制作になります。 仕上がりイメージはこんな感じです。 画像もとはこちらです。 仙台市博物館

鎖帷子

甲冑の籠手や佩楯などの武具にはよく鎖帷子が使用されています。 こういう針金を使います。 それを丸環にして。 1つ1つ編み上げています。 集中力と根性が必要!