Currently browsing category

石田三成

【兜】石田治部少輔三成:乱髪天衝脇立兜

石田三成と言えば、この兜。 大河ドラマなどでは、関ケ原の合戦で石田三成が被っている兜は、だいたいがこの兜。 実際にはヤクの毛などで兜鉢を覆い、木製の脇立てに金箔を押した脇立てであっただろうと思われます。 本当は・・・関ケ …

【ご依頼制作】陣羽織(石田三成)

お客様よりご依頼いただいた、陣羽織。 石田三成様が着用されます。(笑 三成らしく、黒を基調にしつつも、大名らしく控えめな華やかさを残すデザイン。 しかし、背中にはその大きな志を映し出す「大一大万大吉」の大きな旗印が刺繍さ …

毛引き威し五枚胴、陣羽織他、完成です。

ご注文頂戴した品がようやく完成いたしました。 前回、胴まで完成しておりましたが、そこに草摺りと合当理・受け筒・待受を取り付けました。 こんな感じです。 草摺りは七間五段の毛引き威し。この作業も途中で自分が機械にでもなった …

毛引き威し桶側五枚胴、もう少し。

お客様ご注文の毛引き威しの桶側五枚胴。 ようやくここまで来ました。 あとは、草摺りを揺るぎの糸で付け、合当理を取り付ければ完成です。 右脇の引き合わせは上下2本。 5枚胴は両側前、後ろでそれぞれ3つの蝶番で固定。 毛引き …

毛引き威し五枚胴の制作。前胴が完成。

お客様にご注文をいただき、胴&草摺りを制作しています。 前回制作させていただいたのは、仏胴(1枚板)タイプの二枚胴でしたが、今回は横矧桶胴(横長の短冊状の板を上限につなぎ合わせる)タイプで、毛引き威しのデザインになります …

オーダー制作:石田三成:合当理ほか

三成はきっと使わなかったと思いますが、今回のお客様には非常に重要です。 よく、ドラマなどで武士が背中に大きな旗、旗指物を差して馬や徒歩で行進、戦闘していますね。 その旗指物を差す部分です。 上から、 合当理(がったり) …

オーダー制作:石田三成:完成

石田三成モデルの甲冑が完成です。 あとちょっと作業を残していますが、その分とトリセツを作成し、いよいよお客様に郵送いたします。大須の商店街で闊歩する石田三成が楽しみです。 *自作の鎧飾り台があまり良くなく、すこし傾いたり …

オーダー制作:石田三成:陣笠

三成はきっと使わないですが・・・・。 2パターン目ということで、陣笠もご入り用とのことでしたので、制作。 全面に重要な「大須」の金文字。後ろの布はマジックテープの脱着式です。

オーダー制作:石田三成:兜

三成の兜は「乱髪天衝脇立兜」。 武者の乱髪を表す毛 大きな額の眉疵 そして鬼を彷彿とさせる大きな脇立て 三成は、本当にこの兜で関ヶ原で采配を振るったのでしょうか・・・。 真実を知る方法があればいいのに。 さて、あとは旗指 …

オーダー制作:石田三成:陣羽織

陣羽織が先にできました。 陣羽織は、お客様より「派手目で」というご要望とイメージ写真を元にし制作しました。 家地(表地)は、金糸刺繍柄の派手なものとし、裏地は赤系統で派手目でありながら、少し控えめな柄と色にしています。 …