Currently browsing category

真田信繁

稚児甲冑「信繁」完成!

今月末にイベントで利用する子供向け稚児甲冑が完成いたしました。 身長120センチくらい、腹囲50~60くらいのお子様が着れる大きさです。 名づけるなら・・・「朱塗桶側二枚胴具足鹿角脇立兜」 みたいな感じでしょうか。 兜: …

【ご依頼制作:真田信繁】鹿角脇立白糸威二枚胴具足

ご依頼をいただきました、例のアノ甲冑の制作が完了いたしました。 【制作内容】 鹿角脇立兜 2枚胴(仏胴・七間五段草摺り・小鰭) 袖 佩楯 籠手 脛当 喉輪 面頬 全容図はこのとおりです。 飾ってみると、両脇の具足が貧相な …

【ご依頼制作:真田信繁】兜

最後の兜が完成です。 ご存じ、鹿角脇立ての兜です。 例のアレで、いまのところオープニングでしか出てこない分です。 鹿角はホンモノの角なので、兜全体の重量はそこそこ重くなっています。 しっかり忍びの緒を縛っていないと、ずれ …

【ご依頼制作:真田信繁】二枚胴

最後の調整が残っていた胴もようやく完了です。 つなぎ目の無い仏胴タイプで、前後2枚を蝶番で繋いだ二枚胴。 肩上(わたがみ)には蜷結び紐をつけ、亀甲鎖帷子(これも金型はなし)小鰭を着けています。 草摺り(くさずり)は五段七 …

【ご依頼制作:真田信繁】脛当(すねあて)

脛当ができました。 筒型で立挙げは亀甲帷子です。 本来はならば、鉄の亀甲が裏側に縫い付けられて防御性が高まるわけですが、そこは省いています。 両足の内側下半分は馬に乗るときに馬を傷つけないように札はついていません。 ここ …

【ご依頼制作:真田信繁】佩楯

膝を守る佩楯(はいだて)が完成です。 赤を基調とした家地にやや縦長のサイズ。 赤と黒の板札を配し、例の六文銭をさりげなく。

【ご依頼制作:真田信繁】袖

続いての制作は袖。 肩につけるやつです。 素懸威しで、特徴的な「ハートのマーク」💛。 別に、おちゃめ、乙女チックになったわけではありませぬ。 これって、「猪の目」というイノシシの目に似せた、昔からある日本建築のデザインだ …

【ご依頼制作:真田信繁】喉輪

お客様よりご依頼いただきました、真田信繁の甲冑を制作しております。 最初に、喉輪を制作いたしました。 2段の板札に、勝ち虫であるトンボ柄のつなぎ布を使いました。