Currently browsing category

徳川家康

【ご依頼制作 徳川家康 金陀美具足】完成

掲題のお客様ご依頼の甲冑が完成しました。 すでに手元を旅立っており、毎度のことながら多少のさみしさを感じます (笑 今回は全面を金塗装ということで、塗装無しに比べて、当然ながら時間が長くかかってしまいました。(約2か月) …

【ご依頼制作 徳川家康 金陀美具足】二枚胴

順番が最後になってしまいましたが、胴が完成しています。 仏胴タイプなのですが、胸取部分が3枚の板札構成になっています。 これは枚数や大きさは違うものの、後ろ胴も同様です。 二枚胴形式で、引合はご要望による上下2つ。 背中 …

【ご依頼制作】葵紋陣羽織

こちらもご依頼のお品です。 金陀美具足をまとわれる家康公が御召になる、これまた金ぴかの陣羽織です。 背には葵の紋と厭離穢土欣求浄土の旗印。 これらをまとった家康公はきっとまぶしくて直視できないでしょうな。

【ご依頼制作:徳川家康 金陀美具足】兜

少し時間がかかり、間が空きました。 掲題のご依頼制作の兜が完成しました。 立物はなく、非常にシンプルなデザインであるがゆえに、再現は難しい。 本歌を見ながらできるだけ再現を試みていますが、素材と環境の限界もあり、このよう …

【ご依頼制作:徳川家康 金陀美具足】籠手ができた。

ようやく、籠手ができました。 思ったより、時間がかかってしまいました。 原因は鎖帷子の制作と一部手縫いの箇所があった点かな。 デザインとしてはシンプルです。 5本の篠籠手であり、板札の間を鎖帷子で繋いでいる。 いつもは片 …