甲冑の片付け方(蝶番「胴」の場合)


当社でレンタルしている甲冑の片付け方、しまい方を説明します。

鎧櫃(もしくは段ボールなど)を開けます。布やプチプチなどを衝撃対策として敷きます。

最初に「佩楯」「脛当」「籠手」「帯」など布ものを入れます。*脛当が筒状に固定されているものの場合は後から入れます。


「袖」を入れます


蝶番で繋がっている「胴」を下向きにして入れます


「胴」を下向きに入れて、「草摺り」(腰回りについているもの)を鎧櫃の周りに広げておきます


「兜」を緩衝材で包み、頭を下にして入れます


「半頬」(顎につけるもの)を緩衝材に入れて、兜の中にいれます


「草摺り」を中に1つ1つ入れます


最後に、組み立て式の「鎧台」をバラシ、鎧櫃の端の方に、甲冑を傷つけないように入れます(長い足は斜めに入れると入ります)


  • 上記の「片づけ方」は、当社制作の甲冑の仕様を踏まえたものです。「正式な方法」を解説しているものではございません
  • うまく入らない場合、「無理に押し込んだりするのはおやめください」。その場合は、入らないものは別途段ボールに入れたりなどご検討ください
  • 鎧櫃は骨董品を利用しています。壊れやすいものがあったり、金具が曲がっていたりするので、取り扱いはご注意ください(上に座ったり、投げるように扱ったり、上に重いものを載せたりするのはおやめください)