Currently browsing category

武将もの

【甲冑関連】伊達政宗 兜(子供用)を制作しました。

伊達政宗の兜は五月人形などでもよくモデルになっていますね。 今回制作したのは、子供用の兜です。兜鉢(数えてないけど、おそらく六十二間)の高さが少々低めです。政宗の兜は、黒をベースに、紺色(この兜は紺色よりは明るい色ですが …

【甲冑関連】真田信繁の兜、鹿角を再作成

真田信繁の兜。 あの鹿角の兜ですが、これまでは「モノホン」の鹿角をつけていました。 よって、重い。長時間つけていると首筋に、肩に、きっとクル。 そこで、プラの角に置き換えてみました。 重量がどこまで軽くなるのか、耐久性は …

【甲冑関連】石田治部少輔三成:乱髪天衝脇立兜

石田三成と言えば、この兜。 大河ドラマなどでは、関ケ原の合戦で石田三成が被っている兜は、だいたいがこの兜。 実際にはヤクの毛などで兜鉢を覆い、木製の脇立てに金箔を押した脇立てであっただろうと思われます。 本当は・・・関ケ …

【甲冑制作】真田昌幸公「昇り梯子具足」を制作

真田昌幸公と言えば、胴に昇り梯子が描かれた具足で有名です。 現在、上田で拝見できる具足は黒色ですが、どうやら松代城の火災の被害に合い、補修された後のようで、本来は「朱色」で会ったと言います。 今回は、それを信じて、朱色( …

【ご依頼制作 大谷吉継】二枚胴そして完成

刑部様具足、最期の胴が完成しました。 横引の桶胴で、二枚胴になっています。 色は黒で、草摺りが金色なので、コントラストが強烈ですね。 胸には赤の胸房、小鰭がついています。 そして、完成図がこちら。

【ご依頼制作:大谷吉継】籠手

大河ドラマ「真田丸」でも、いよいよ大谷刑部殿が最期の時を迎えようとしていますね。 今回から頭巾姿がばじめて登場しました。 予想外に柄物の高級生地を使った頭巾でしたね。 そんな刑部殿のご依頼甲冑の籠手ができました。

【ご依頼制作:大谷吉継】袖ができました。

現在、お客様のご依頼により、大谷刑部吉継の甲冑を制作中です。 威し紐の到着が少し時間がかかっていたため、部材をバカバカ作っておきました。 本日、威し紐が届きましたので、さっそく、Assembleです。 まずは、袖。 黄金 …

稚児甲冑「信繁」完成!

今月末にイベントで利用する子供向け稚児甲冑が完成いたしました。 身長120センチくらい、腹囲50~60くらいのお子様が着れる大きさです。 名づけるなら・・・「朱塗桶側二枚胴具足鹿角脇立兜」 みたいな感じでしょうか。 兜: …

【ご依頼制作】大谷刑部頭巾

真田丸も刑部さんの具合が悪くなり、そろそろ例の装いになるのでしょうか。 そんなことも影響あるのか、刑部頭巾のご注文を何件か頂戴いたしました。 順次制作し、発送させていただきます。 できあがりは、こんな感じ。 甲冑に飾ると …