Currently browsing category

城跡

下総討伐

先日、江戸へ参勤交代に行く機会があったので、ついでに下総の討伐をしてきました。 まずは、土井利勝が築城した佐倉城。 小高い丘に築かれた平山城で、馬出などが結構しっかり残っているのと、結構広いので、なかなかの見ごたえでした …

足利義昭、最期の抵抗「槙島城」

足利義昭は室町幕府最後の将軍。 各地の武家に支援を求めながら将軍家の復興に挑戦し、織田信長に擁立されて見事に復権。 だけど、そこはお公家様。自分が一番じゃないとイヤなのよね。 傀儡とわかったら(って、信長じゃなくたって、 …

明石氏の館、下津橋構(城)

明石郡を領した明石氏は、枝吉(しきつ)城を本城としていましたが、普段の生活はこの下津橋で行っていたようです。 枝吉(しきつ)城から北へ175号線の出合交番前という交差点を西に入ると、西教寺というお寺があります。このお寺の …

赤松一族・間島家の居城、福中城

明石駅から175号線を北上。 第二神明道路をくぐって、もう少し北へ向かうと、福中城があります。 というか、ありました。 この城は175号線の工事とともに、ほとんどの遺構がふっとんだようです。 いつも思いますが、三原の三原 …

よくわからない城 出合城

昔は明石郡、いまは神戸に割譲(笑)されて、神戸市西区にある城です。 明石駅から175号線を北上し、神戸市立出合小学校を目指してください。そこです。 そもそも、この出合城というのが本当にあったのかどうかは不明のようです。 …

有馬湯治の立ち寄り宿、小浜宿(城)

阪急宝塚線の清荒神駅を下車。 福知山線の線路を渡って、南東方面に歩くこと、およそ15分くらいかな。 そこは、かつて有馬街道と京へ向かう伏見街道が交差する交通の要衝、小浜宿があったところです。 小浜宿は小浜城とも呼ばれ、一 …

瓦林氏が守りきれなかった、越水城

越水城は、兵庫県西宮にある城で、瓦林正頼が16世紀初頭に築城。 摂津の地は三好氏や細川氏、その後織田氏と争いが絶えなかった地。 越水城もその舞台となり、瓦林氏は三好家との戦で敗れ、城を奪われます。 その後も幾度となく合戦 …

成田氏が三成に勝った城、忍城。

秩父鉄道行田市駅を降りて、徒歩15分。 夏場だったので、結構歩いて疲れた記憶があります。 忍城の旗が雰囲気を醸し出しています。 由来書きにありますが、もうご存知の通りここは「のぼうの城」の舞台となった城。 秀吉の小田原攻 …

赤松氏の栄華終焉の地、城山城

播磨と言えば、赤松氏。(しつこいですが 笑) 赤松円心則村から始まった栄華。 播磨・備前・美作の太守となり、足利将軍家の庇護を受け、一色、京極、山名とならび四職に任じられ、絶大な権力を手にしていました。 でも、いつの時代 …

花嫁の悲劇、室山城

たつの市の最南端にある歴史ある港町、室津。 いまも、牡蠣を代表とする漁業が中心の町で、風情が残る町です。 山陽網干駅から大浦行きのバスに乗り、「室津」で下車。 道路は山側なので、下に降りたところが室津の町です。 案内看板 …

赤松氏の居城、置塩城

姫路駅から神姫バス「塩田・前之庄」行に乗り、宮置で下車します。 バス停から夢前川方面に歩き、川を渡るときには左手に大きな山が見えますが、それが置塩城。 置塩城は、赤松政則が築城して以来、赤松氏の居城として機能しました。 …

播磨三城 御着城

播磨には、当時の有力者が居城とした、大きな城で「播磨三城」と言われる城があります。 三木城(別所氏)、英賀城(三木氏)、そして御着城(小寺氏)です。 御着城は、大河ドラマ「官兵衛」で片岡鶴太郎が演じた、なんとも頼りない領 …