真田信繁直系子孫に会える!日本料理 真田幸村 本家さん@西明石へ訪問。


もともと、真田家は幸村を筆頭に、ドラマや漫画、ゲームを通じて、日本全国で最も有名な戦国武将ですね。

今年は、大河ドラマ「真田丸」でその人気が沸騰しています。

真田家は関ヶ原合戦を前に、一族の生き残りをかけて兄弟が敵味方になることで有名ですね。(実際は、真田家に限らず、戦国時代の武家の常識でもありました)

結果的には、勝った兄の信之は松代藩主として存続したということになっていますが、実は弟の信繁も大坂の陣で討死したのではなく、遠く薩摩の地で生きたという。
その信繁、その長子大助の子孫の方がおられ、西明石で料理店をされています。

その名も、「日本料理 真田幸村 本家」

日本料理&ゲリラ料理 真田幸村本家
〒673-0016 明石市松の内2丁目1-2
TEL:078-223-3777

2016-08-17-12-10-05 2016-08-17-12-10-25

まずは、腹ごしらえということで、海鮮丼を。
残念ながらランチ営業は終了です!ぜひ、夜にお酒とおいしい食事を食べに来てください。
2016-08-17-11-22-54

店内には、しっかりと朱色の甲冑が鎮座します。
2016-08-17-12-04-12

大坂の陣で、家康は死んだという説があります。
その説を証明する一つとして、大坂堺の南宗寺には、家康の墓があり、堺代官は必ずそこを訪れたと伝わりますし、秀忠、家光など歴代将軍でさえも訪れていると言います。

その家康を刺した刀が「妖刀村正」。
なんと、それを拝見、且つ、タッチまでさせていただきました!
あ、右側のオールバックの方が真田家17代目の真田洋至(ひろし)さん。永ちゃんLOVEな方です。
2016-08-17-10-52-52

こちらか家系図。
2016-08-17-10-55-52

大坂の陣で何があったのか。どうして遠く薩摩の地へ。
その後、彼らはどう生きたのか。その辺は、こちらの本を見てください。
「その男、真田幸村」

2016-08-18-10-16-40

武楽衆は、今後も真田本家さんで甲冑を着てみたり、懇親会で訪れたりなど、播磨での戦国化をご一緒したいと思います!!

妖刀に憑りつかれないかな・・・・・・。


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です