【イベント参加】別所家菩提寺・法界寺の「絵解き」で「三木合戦」を語り継ぐ!


毎年4月17日に行われている、「三木合戦 絵解き」。別所家の菩提寺である法界寺で、午前・午後の2回行われています。


「三木合戦」は、天正年間に織田家の中国方面司令官・羽柴秀吉が中国征伐を目的に播磨へ侵攻してきた際、加古郡の糟谷屋敷で播磨の主な武将が集まって行われた「加古川評定(毛利攻めの軍議)」において、三木城主別所長治名代の別所吉親(長治叔父)と家老三宅忠治が秀吉と反目し、合戦となったものです。

当時別所家は東播八郡(美嚢郡、明石郡、加古郡、印南郡、加西郡、加東郡、多可郡 、神東郡)を治める太守。合戦となると配下の武将たちはことごとく別所家の見方となり、また、西には毛利家、東は荒木村重の謀反や本願寺門徒が味方となって、織田家に戦いを挑んだものです。

「絵解き」は、この大合戦の様子を当地域の方々が代々語り継いできたものを屏風絵を使って分かり易くお話いただくものです。


最初に、ご住職からご挨拶を頂戴いたします。

 

生田淳仁氏による事前の全体ご説明がありました。

この様子はこちらの動画でご覧ください。

 

この後に、メインである「絵解き」が行われますが、そちらはぜひ現地にてお聞きくださいませ。

絵も絵解き終了後に間近でつぶさに見ることができます。細かな合戦の各場面が生き生きと描かれています。


 

法界寺は別所家の菩提寺であり、本堂には別所長治夫妻の霊牌及び画像、木像があり、外には別所長治像、別所家の廟、家臣のお墓が並んでいます。


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です