チャリで行く!なかなか行かない城ツアー 姫路コース開催!

10月24日の加古川コースに引き続き、10月31日、11月1日の2日間、チャリで行く!なかなか行かない城ツアー姫路コースを開催しました。
姫路コースは、黒田官兵衛で有名になった黒田家にまつわる古戦場や城を巡るコースです。

姫路駅
 10:30に新しくなった姫路駅で集合です。

Myチャリで参陣する人、お貸しチャリで参戦する人、
どちらも大丈夫です。

ちなみに、ガイドの私はお貸しチャリ。
さて、いよいよ出陣です。

土師山

姫路駅から西へおよそ15分。
1つめのスポット、「土師山(かわらけ山)」。

青山合戦の舞台で、黒田勢が陣を敷いた場所。
その数およそ300。

西方夢前川を挟んで対岸には
赤松勢3,000が見えていたはずです。

眼下の夢前川の河原が戦場で、母里家一族など
黒田家重臣の多くが討ち死にしました。

青山古戦場

そして、夢前川を渡り赤松勢が陣を敷いた小丸山。
いまは、青山ゴルフクラブになっていますが
HPでかつての様子を見ることができます。

英賀勢が赤松勢の横腹を突き、
黒田勢がさらに夜討ちをかけると赤松勢は総崩れ。

ここから西の山田峠あたりで多くの重臣を失いました。
黒田家も母里武兵衛が槍を7本受けて
壮絶な討ち死にをしたと伝わります。

英賀城土塁

青山から夢前川沿いに南下し、援軍を派遣し、
黒田家の勝利に大きな貢献をした三木氏の居城、
英賀城へ。

英賀城は播磨三城と言われる巨大な城。

まずは北側の英賀神社へ。ここには、当時の土塁や
北側の入り口碑が残されています。

三木氏墓所 途中、いまはただの川と橋になっている、
かつての英賀御堂(本願寺より高僧をお迎えした御坊)
があった場所を妄想し、
三木氏一族が眠る英賀薬師でお参り。
英賀城本丸

そして、民家の中にポツンとでもでかく存在する本丸跡。
英賀神社から、ここまでチャリで走ること
10分程度でしょうか、
すべてかつての城内だったんですよね。広いわ~~。

ここにも城主が住んでいた
大きな御殿があったんでしょうね。

掘るといろいろ出てきそうです。

妻鹿城を登る  英賀を後にし、一路東へ。

次は、秀吉に姫路城を明け渡した黒田家が
移住した妻鹿城。

 麓から比較的ながらかな登山をすること
約20~30分。

妻鹿城主郭

主郭部にたどり着くと、ご褒美が待っています。

姫路城、青山方面、夢前川沿いの山々、英賀の町など
これまで走ってきたスポット、それから南には
播磨灘と家島・小豆島が一望できる
絶景ポイントです。

カメラの出番です!
パノラマじゃないと、全部は無理よ!

戦国メシ

そして、もう1つのご褒美「戦国メシ」!

時間はだいたい13:00頃。
ちょうど、腹も空いたころで、
疲れもあり、焼きおにぎり、ネギ味噌、
芋縄の塩分が効きます。

御着城

黒田重隆・生母廟所

いよいよ、最後のスポット御着城へ。
妻鹿からはちょいと離れており、
30分強のロングランになります。

いまは姫路市役所の出張所になっています。
改修工事をしているようで、ビニールで覆われています。
(写真は改修前のもの)

ここも播磨三城の1つで総構の城でした。
西側の天川を天然の要害にし、
3重の堀で囲んだ巨大な城です。

城主小寺氏(黒田家の上司)をまつる大明神や
黒田重隆(官兵衛祖父)と生母の廟所があります。

御着城顔ハメ あと、顔ハメマニア向けのアトラクションもあるよ。

ブランコに乗ってみたり、ひとしきり遊んだら、姫路駅に向けて帰陣です。
駅に戻って、自転車を返すまでが戦です!!!気を抜かないように。

スタートしてから帰陣まで、その距離はおよそ30~40km。
ちょうど、夜のビールが楽しみになる、程よい疲れに見舞われます。

今回は、播州黒田武士の館(如水直筆の書状などが見える)が都合により寄れなかったことだけが心残りです。

姫路って、広いんです。駅から姫路城までの間だけとちゃいますよ!南側もアツイ!
みなさまのご参加をお待ちしております!(次回スケジュールは、決まり次第HPへ掲載いたします)


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です