【戦国グッズ】織田クッションを試しに作ってみた。

織田軍の幟旗である黄色をイメージして、クッション作ってみた。


久々の戦国グッズ制作です。

陣羽織やらを制作していると、生地がいっぱい余ってきます。さて、これらをどうしようか?というのが長い間の悩みの種。

さらに、陣羽織は綿を入れた半纏も作っているので、その綿も微妙に余っている。

”そうだ、クッションつくってみよう”

ということで、作ってみた。

デザインは黄色の生地が余ってたので、すぐさま思いついた織田軍の幟旗をイメージ。

織田木瓜家紋と永楽通宝マークを表と裏に入れてみましたが、どうですかね?

大きさは、横50センチ、縦40センチ程度です。(スマホの大きさで比較してます)

あとは、中の綿の耐久性・種類などもいろいろ工夫できそうですので、しばらく自分用で使ってみます。

現在使っている綿は結構軽めでやわらかい感じです。今回は余っていた分だけを入れましたが、綿の量によっても弾力性とかも変わりますね。

あとはデザイン。すでに世に出ている商品も多くありますね。

商品化はそれからかな。

 


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です