【戦国グッズ】播磨戦国缶バッジを試作してみた。

グッズ関連の定番「缶バッジ」。

世には無数のよさげなデザインの缶バッジが多くありますが、武楽衆は軸をずらさず、播磨戦国史にフォーカス。

播磨の国で跋扈していた、地元の人も知らないような国衆たちに光を当てていきたい。

で、試作ってことでまずは大手どころ。

 

誇り高き、赤松一族である三木城主別所長治。

家紋:長尾巴

横の文字:播磨三木、三木城主別所長治、東播八郡の太守、赤松四天王

 

次に

 

加古川の由緒ある武家、槽谷朝正・武則

家紋:三つ盛巴

横の文字:播磨加古川、加古川城主槽谷朝正・武則、加古川評定、平井山の武勇、賤ケ岳七本槍

 

欲しい人って、いるのかな?ニッチやな~~~。

これからも、もっともっとDeepな播磨武士の缶バッジを創りたいと思います。


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です