毛引き威し五枚胴の制作。前胴が完成。

お客様にご注文をいただき、胴&草摺りを制作しています。

前回制作させていただいたのは、仏胴(1枚板)タイプの二枚胴でしたが、今回は横矧桶胴(横長の短冊状の板を上限につなぎ合わせる)タイプで、毛引き威しのデザインになります。

まず、どのように制作するか、そのデザインにしばらく時間を要しました。

<デザイン概要>
・五枚胴ですので、前、後、左脇、右前、右後の五枚の構成になります。
・毛引き威しで、黒色をベースにします。
・右前と右後を重ねて右脇で紐を縛ることになります。
・前と左脇、後胴、および前と右前、後胴と右後ろは蝶番か紐で装着時に開閉できるようにします。
・体の曲線に応じたなめらかな曲線をもった形にします。
・旗指物用に、合当理と受け筒、待ち受けを付けます。
・草摺りは、前回同様に七間五枚の毛引き威し。

肩上とかまだ細かいデザイン要素はほかにもありますが、基本的な部分はこんな感じです。

前胴はこんな仕上がり。
胸前からお腹あたりが前に出て、腰に向け絞られてくる、この曲線を出すために、どう板物をデザインするか、非常に悩みました。
毛引き威しなので、やはり時間がかかってしまいます。
2015-12-18 19.24.38


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です