坂東の国盗り舞台、土浦城

たまには、坂東の城の話を。
出張の帰りに、ささっと立ち寄りました。

常陸国(茨城県)の土浦にある土浦城。
八田知家を祖とする小田氏の家臣、今泉(若泉)氏が築城した城。
小田氏は佐竹氏、上杉氏らとこの地を巡って死闘を繰り広げ、菅谷、松平、朽木など城主が目まぐるしく変わり、最後は土屋氏に落ち着き、明治まで治めました。

土浦駅の東側を出て、正面の道を道なりにまっすぐ歩くこと、15分くらいかな。
堀に囲まれた土浦城が見えてきます。
DSC_0691

内堀に沿って歩きます。本丸への入り口となる大手門がずっと見えています。
このときは鯉の季節。鯉のぼりが泳いでいました。
DSC_0683DSC_0684DSC_0681

本丸に入ると、きれいに整備された公園。
櫓が2つ(だったな?)建っています。
DSC_0685DSC_0687DSC_0692

二の丸には、なぜか猿が・・・。
DSC_0689

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です