播磨山下城(加西)

加古川から加古川線に乗り、粟生駅で、加西に向かう北条鉄道に乗り換えます。
5つ目の駅が長(おさ)駅。

ここから酒米の王様、山田錦の穂が実る田を眺めながら、北西へ歩きます。
2015-09-18 13.24.442015-09-18 13.36.23

途中にある小学校を抜けて、すこし丘を越えると右手にお寺が見えます。
すると、左側に小さな祠があり、奥へ進む道があります。
2015-09-18 13.58.57 2015-09-18 13.59.10

なんか、普通の民家と畑があって、間違ったかな?と思いますが、大丈夫。
その先に、城への入り口が待っています。
2015-09-18 14.01.19

数年前に、整備プロジェクトがあったようで、登山道や山頂の小屋、幟など、きれいに整備されています。
大手道側は市街化が進んでいて、あまり遺構が残っていませんが、よく見るとそのあとがわかります。
平山城ですが、当時は結構な規模の縄張りだったようです。

2015-09-18 14.02.44 2015-09-18 14.04.28 2015-09-18 14.05.25 2015-09-18 14.29.492015-09-18 14.05.41


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です