足利義昭、最期の抵抗「槙島城」

足利義昭は室町幕府最後の将軍。
各地の武家に支援を求めながら将軍家の復興に挑戦し、織田信長に擁立されて見事に復権。

だけど、そこはお公家様。自分が一番じゃないとイヤなのよね。
傀儡とわかったら(って、信長じゃなくたって、そうなるやろ・・・・)、それまでの恩とか敵に回したらどうなるかとか、そんな深慮もなく、動きます。

またもや、全国の武家に、信長討伐例を出し、毛利、武田、上杉、浅井・朝倉、六角、本願寺、雑賀党、などなど包囲網を作ります。

が、なんでか、信玄・謙信が天寿を全うし、浅井・朝倉、六角、本願寺等では討伐できるほどの武力もなし。

そんな中、義昭本人も打って出ます。
陣を敷いたのが、槙島城。

いまでは、普通の公園に整備されており、見る影もありません。
しかし、丘でもないフラットな土地。むかしは大きな池があって、そこに浮かぶ城・館だったようです。

2014-12-03 10.31.37 2014-12-03 10.31.48 2014-12-03 10.33.12 2014-12-03 10.33.23 2014-12-03 10.33.39 2014-12-03 10.34.08


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です