播磨小谷城


加古川駅から加古川線で北上。
粟生駅で北条鉄道に乗り換え、終着駅「北条町」駅。ここが河西市の中心部です。
駅から北へ徒歩で15分~20分ほど。
高速道路の高架下をくぐると、正面に山頂部が開かれた山が見えます。
そこが、播磨小谷城。赤松氏により築かれた山城です。
2015-08-24 13.51.452015-08-24 13.56.04
ふもとには、お寺があり、この右側から登山道になります。
登山道入り口には、赤松最後の城主、赤松祐尚の墓碑があります。
合掌し、お祈りしてから城域に入ります。
2015-08-24 14.00.262015-08-24 14.01.242015-08-24 14.03.402015-08-24 14.03.50
登山道が続きます。
2015-08-24 14.06.07 2015-08-24 14.10.22
20分~30分ほどで山頂部に到着。大きな看板が目立ちます。
山頂部には、小屋があります。加西市街地の見晴らしも抜群です。
 2015-08-24 14.12.59 2015-08-24 14.14.50
小谷城は、いくつもの郭を東西に配し、北側に竪堀を配置しています。
北からの攻撃、つまり、尼子や山名からの攻撃に備えていたものと想像できます。
こんな、見ごたえのある城がある加西に、ぜひ一度行ってみてください。
2015-08-24 14.20.02

The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です