近世明石の拠点、明石城。


明石駅の真ん前にある、明石公園こと、明石城。
明石城は、関ケ原後、信州松本から小笠原忠政が入り、徳川秀忠の命により、西国の抑え城として築城した。

築城に当たっては、枝吉城、船上城、三木城、高砂城など周辺の城から建築資材を集め、再利用された。
坤櫓は伏見城、巽櫓は船上城天守の移築と伝わります。

明石城は西の明石川を天然堀、北は大きな池、南は明石の港を防衛施設としていました。
城内には、宮本武蔵を迎えて造らせた庭園があります。

小笠原家が築城後すぐ転封となり、その後戸田、大久保、松平などいくつも城主が短期間で変わりますが、越前松平氏が入ってからは、明治維新までこの地を治めました。

春には桜がきれいに咲き誇る名所です。
入ってすぐの三の丸ではなく、北側の池周辺の方が見どころです。

2015-04-07 12.39.03 DSC_0836 2015-09-09 16.07.32 2015-09-09 16.06.07 2015-04-07 13.30.03 2015-04-07 13.19.44 2015-04-07 13.14.43 2015-04-07 12.41.00


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です