真言宗総本山高野山金剛峯寺へ参る。


紀伊の国(和歌山県)にある歴史深い、深すぎる、高野山金剛峯寺
高野山は、誰もが知る、弘法大師空海が開いた密教の地。
それから、1200年の記念すべき時です。

播磨から大坂を経由して、およそ3時間ちょい。(特急こうやに乗ればもっと早い)
南海高野線で極楽橋駅で下車。そこから登山することもできますが、ヘタレの私は迷うことなくロープウエイで高野山駅までGO!!

まっさきにバスで一番奥の奥の院へ。
このエリアには、名だたる武家、諸藩、名家、そして天皇家の墓碑が立ち並んでいます。
それだけの信仰を集めている権威を感じます。

高野山奥の院     

 

 

最奥の院へ入る直前に、幸運にも「生身供(しょうじんぐ)」を見ることができました。
高野山では、弘法大師様はまだ御堂の中で生きておられることになっており、毎日食事が運ばれているのです。1日に2回あるようで、そこに偶然遭遇したことに幸せを感じます。

生身供

この先は、写真撮影は禁止の聖域になりますので、写真はありませんが、きっちりお参りしました。
紅葉はまだまだのようです。

高野山

そろそろ腹が減ったので、お目当てだった精進料理を。
当然、肉などを使っていないのですが、十分に歯ごたえ、食べ応えがあり、お腹いっぱいになりました。

精進料理

そのあと、金剛峯寺や一番南の大門など多くの寺社仏閣を歩き回って楽しみました。
僧侶の念仏大合唱も拝見させていただきました。迫力あります。

高野山

根本大塔と「こうやくん」

高野山根本大塔

高野山蛇腹道

 

 

戦国者として、1つ訪れたのが光明院。
ここは、徳島藩蜂須賀家のお墓があるというので、お参りしたかったのです。
蜂須賀家といえば、秀吉が尾張で一夜城を築いた時から家臣として従った蜂須賀小六正勝を祖とする大名家。家を守り、徳島藩として明治を迎えた名家です。

一度は、訪れてみることをお勧めします!!


The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です