西の比叡山「書写山圓教寺」


姫路城の西北に位置する仏閣で、西の延暦寺と称される書写山圓教寺
966年から続く古刹です。
姫路駅からバスで20~30分ほど。
麓からロープウエイで上ります。(元気な人は最初から登山コースもあります)
2014-11-13 10.16.35 2014-11-13 10.09.55DSC_0151
ロープウエイを降りてから、しばらく登山になります。
徒歩で30分ほどで、山門に到着。
2014-11-13 10.32.32
ここから、仏さまを左右に拝みながら、本堂まで登っていき、本堂へ到着。
2014-11-13 10.40.17 2014-11-13 10.52.45 2014-11-13 10.41.51
本堂を抜けると、食堂(じきどう)という3つのお堂が並んだ場所があります。
ラストサムライで使われたロケ地として有名です。
ここの中には宝物の展示がありますが、その中でも秀吉がここを本陣に据えた時に、弟の秀長の家臣が書いた落書きとされる柱を見ることができます。これは一見の価値ありです!
2014-11-13 10.57.02DSC_0219
また、この食堂の右側の山道を登っていくと、秀吉の本陣跡があります。
ここはあまり観光客も行かないようですが、戦国好きなら行かなきゃいけないスポットですね!
北向きには赤松居城置塩城が見えます。
2014-11-13 11.04.45 2014-11-13 11.04.34
さらに進むと奥の院など見どころ満載。
10月~11月の紅葉の季節には綺麗色づいた木々を楽しむことができます。
DSC_0254 DSC_0231 DSC_0245 2015-09-21 15.07.37 2015-09-21 14.36.18

The following two tabs change content below.

衆長

衆長武楽衆
武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です