Currently browsing tag

三木

【イベント参加】加古川武将隊、三木別所家へ援軍に仕る。

毎年5月5日、三木城で行われる「別所公春まつり」。昨年から武者行列に参加させていただいております。 ご存知のとおり、歴史上でも加古川の地は当時、三木別所家の支配下で、三木合戦の時もほとんどの加古川の武家は別所家と共に織田 …

【戦国グッズ】播磨戦国缶バッジを試作してみた。

グッズ関連の定番「缶バッジ」。 世には無数のよさげなデザインの缶バッジが多くありますが、武楽衆は軸をずらさず、播磨戦国史にフォーカス。 播磨の国で跋扈していた、地元の人も知らないような国衆たちに光を当てていきたい。 で、 …

【陣羽織】女武者用陣羽織を制作させていただきました。

陣羽織は男だけのものじゃない! 女武者のための陣羽織を制作させていただきました。 赤をベースにし、背中には尾長巴紋。 女性らしく、両袖にはチュルリラ(?)を付けました。 前の留めには貝殻のボタンを。 とある武者行列でのご …

【陣羽織】加古川神吉(かんき) 神吉頼定公の陣羽織

神吉頼定公陣羽織を制作。 加古川武将隊の将来のメンバーとなるであろう、加古川は神吉城主(現・常楽寺)神吉頼定公用の陣羽織です。 神吉頼定公は、加古川駅のやや北にある神吉の地を領していた赤松家の血筋のお家柄。 同じ赤松血筋 …

別所長治公を参る@雲龍寺

三木市役所の前、駐車場のある通りを抜けて、下っていくとすぐ、右側にあります。 三木城城主、別所長治公の墓所です。 三木の英雄は、ここで静かに眠っておられます。   

播磨の太守、別所氏の居城、三木城。

播磨三木の別所氏は、赤松家の庶流であり、秀吉の播磨攻めの時にも強大な勢力を誇っていました。 小野、加西、加東、加古川、明石など周辺の勢力はほとんどが別所氏の配下となり、支城としての位置づけとなっているケースが多いです。 …