【お城造り研究所】建物、ちっちぇーよ。


お城には建物があります

当然ですが、お城には多くの建物があります。
門、柵、櫓(やぐら)、長屋、御殿など・・・さらに個々に複数の種類があったりします。
お城を造るなら、これらも造る必要がありますが、なかなか難しい。

現在、制作中なのは、棟門、冠木門、長屋、御殿、二階楼、井楼矢倉、舞台矢倉、丸太柵、土塀、橋。
どれも非常に小さいので、取り扱いが難しい。門などはピンセットでつままないと持てないほど。
当初は、こういった建物がある山城に赴いてだいたいの寸法を確認し、縄張りの地形と同じ縮尺で制作を始めましたが、相当小さいし、置いてみた時に目視して楽しめるのか?という課題も。

さらには、3Dプリンターの光造形なので、プリンターそのものの操作(まだ感覚的なもの、慣れのようなものがだいぶ必要な機械)や、この後の着色も適切な方法を検討する必要があります。

課題はいっぱい

造り始めて複数の課題にぶつかり、Try&Errorしながら、単純に「リアルさ」を求めるべきでないなと感じています。
もちろん、リアルさに重きを置く人もいるかと思いますが、その場合、制作が技術的に難しい面や造れたところで虫眼鏡とかで見ないと見えないレベルのものもあり、純粋に楽しめない可能性があるからです。
すこしはデフォルメもして、部屋において目視で楽しめるものに仕上げていきたいなと思います。

(Visited 18 times, 18 visits today)

アバター

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す