官兵衛がいた、播磨・宍粟(しそう)山崎城。


播磨は宍粟。「しそう」と読みます。龍野市の北部にある町です。
電車は通っておらず、車か姫路から出るバスで向かいます。

播磨宍粟の戦国時代

その宍粟市の中心部が山崎町。
近世城郭の平城、山崎城があります。現在は、本多公園となっています。
宍粟は古くは守護赤松の時代、一族の宇野氏が笹の丸城や長水城を居城としていました。
秀吉による播磨攻めで宇野氏は敗北し、落城。その後、一時期黒田官兵衛がこの地を領していました。
その後、姫路の池田輝政の子、輝澄が入って築城したとされています。後に本多家が入り、陣屋として完成させ、明治維新までこの地を治めました。

山崎城址

公園の駐車場に車を止め、中に入ると、門が遺構として残っています。

2015-10-01 14.55.08
2015-10-01 14.53.46

資料館がありましたが、どうも入れるような雰囲気ではありませんでした・・・。

2015-10-01 14.55.53
2015-10-01 14.54.20
2015-10-01 14.56.57

城域は、こんな感じ。本丸、二の丸、三の丸の3つの郭を並べた連各式。
揖保川の水を引き込んで堀とし、北側には城下町を形成していたようです。
あたりを歩きましたが、当時のものかどうか確証がありませんが、石垣がありました。

ちなみに、ここにある図書館の2階が博物館になっており、戦国以外も含め、様々な資料を見学できます。(無料)

宍粟には前述の通り、長水城笹の丸城聖山城などなどいくつもの山城があります。
特に笹の丸城はきれいに整備されており、宍粟で有名な紅葉祭りのある最上山にあり、アクセスもしやすいのでぜひ行ってみてください。

それから宍粟では地元の歴史を伝える「本多記念館」「宍粟手作り甲冑隊」の方々が活躍されていますので、ご興味ある方はぜひそちらも行ってみてください。


甲冑レンタル甲冑制作オーダーメイド陣羽織制作小物制作着付け体験イベントなどのご相談はお問い合わせよりご連絡ください!

ネットショップ(一部衣装・グッズなど)
BASE  https://murakushu.saleshop.jp/
minne 
https://minne.com/@murakushu


衆長

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です