【イベント】チャリで行く!なかなか行かない城ツアー

 chari_banner
100名城なんかじゃない!
本当に戦国の息吹を感じることができるのは、街中にわずかに残った遺構なんです!!
そんな史跡を自転車でいっきに巡るツアーです。

 

 

<加古川コース>

加古川駅をスタートし、加古川城、志方城など秀吉の播磨攻めに対抗した播磨の誇りある武家の地を巡ります。
そこであった出来事、生きた人々の家系や家紋などを知る旅です。

加古川駅→加古川城(称名寺)→神吉城(常楽寺)→志方城(観音寺)→生石神社→小松原城→高砂城→加古川駅

 

<姫路コース>

姫路駅をスタートし、青山古戦場や英賀城など黒田家ゆかりの地を巡ります。
黒田家の姫路における活躍の一旦と取り巻く勢力を知る旅です。

姫路駅→土師山→青山古戦場→英賀城(英賀神社・英賀御堂・三木氏墓所・本丸跡)→妻鹿城(母里太兵衛生誕地・黒田職隆廟所・播州黒田武士の館)→御着城→姫路駅

 

<明石コース>

神戸市西区、垂水区、北区の一部は、本来は明石群だ!
そんな明石郡は東播磨の重要な地。多くの国衆が城を構え、勢力争いをしていました。
明石駅をスタートし、船上城、枝吉城、福中城など西側の城を巡ります。

 明石駅→船上城→浄蓮寺→枝吉城→下津橋構(城)→河合城→福中城→明石城→明石駅

 

 

<ご参加について>

*当イベントは不定期です。ご要望があれば、開催させていただきます。
ご用命は「問い合わせ」からご連絡ください。

*「戦国めし」は中止しております。

参加費用 ¥2,000円(別途、自転車レンタル代300円が必要です)

・配布資料
・オリジナルクリアファイル
・ガイド料

*最小実施人数 3名様より

ご参加にあたって

<自転車について>
– 原則、自転車はレンタサイクルを利用いたします
– ご自身の自転車持ち込みは自由です

<服装について>
– 数時間の自転車走行になりますので、動きやすい服装でご参加ください
– 小高い山に登る場所がありますので、夏場は虫よけなどの対策をお願いします

<事故やお怪我について>
– ツアーの走行ルートはできるだけ交通量の少ない安全なルートを選んでおりますが、一部車との距離が近いところがありますので、ご注意ください
– 万が一事故・お怪我が発生した場合、最善の対応をさせていただきますが、責任は負いかねますので、事前にご了承の上、安全走行をお願いします
– 走行中に自転車がパンク、故障した場合は最寄りの自転車屋等をご案内できるように努めますが、費用はお客様負担でお願いします

<お願い>
– ツアー中でのご喫煙はご遠慮お願いいたします。当衆では「地域の活性化」を目的としておりますため、文化財の保護、街の景観維持は、大事なミッションと考えております。また、ご参加者様への配慮も含めて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

<イベントの様子>

チャリで行く!なかなかいかない城ツアー 明石コースレポート

先日、第1回目の明石コースを開催いたしましたので、その時のルートをご紹介します。 午前10時に明石駅の改札前にて集合します。 最初に向かうは、高山右近重友が明石を治めた船上城。 いまでは本丸跡がわずかに残り、そこに小さな …

コメントなし

チャリ城ツアー with 播州一殿

BAN-BANラジオでお世話になった、「播州一」殿。 歴史大好き!ということで、「加古川・高砂コース」に参戦いただきました! 今回、地元出身の方も参戦されておられましたが、「へ~~、へ~~!!」 の連発!!? そう、地元 …

2 comments

チャリ城ツアー@BAN-BANラジオ

もう、だいぶ前になりますが、加古川・高砂のケーブルテレビ局が運営するBAN-BANラジオさんで、チャリ城ツアーを紹介させていただく機会をありがたく頂戴しました。 出演させていただいたのは、「バンバンワイドショー PAOO …

コメントなし

チャリ城ツアー 明石コースを企画中

チャリ城ツアーは、ただいま加古川コースと姫路コース。 もうちょっとコースを追加したいと思い、明石コースを企画するために探索に行ってまいりました。 今回巡った城はこんな感じ。 船上城 → 浄蓮寺 → 枝吉城 → 下津橋構  …

コメントなし

戦国メシにデザートを。 「胡豆昆(ごずこん)」

戦国メシは、チャリで行く!ツアーで参加者の方にご提供しております。 中身は、おにぎり2つに芋縄を少し。 それだけでも結構旨いし、腹も膨れるんだけど、もう1品欲しい。 ということで、デザートをご準備いたしました。 その名も …

コメントなし
戦国メシ

戦国メシ完成予想図

戦国武将になりきり、戦国時代を体感できる「合戦イベント」や「チャリで行く城跡巡り」で、各々方に振る舞う「戦国メシ」(戦国時代の陣中食)の完成予想図ができあがりました。 それが、これじゃっ! 左に見えるコロッっとしとるのが …

コメントなし
imonawa

いくさ飯

いくさ飯を食べてみたい。 と、思い、作ってみています。 まずは、戦の時に兵士が携帯していた兵糧の1つである「芋縄」。 随喜という芋の茎を味噌で煮て、干して乾物にしたもの。 これを縄のように編んで、腰につけて携帯していた。 …

コメントなし