【出店】第6回兵庫五国祭に出店いたしました(9月14&15)


兵庫県は昔の五つの国からできています。

兵庫県は広い。広すぎる。だって、五つの国が一緒になっているから。
摂津(の一部):本当は南は大坂城あたりから東は茨木、高槻、、北は能勢、池田も含め、西はいまの須磨あたりまで。兵庫県では県庁所在地の神戸が中心。
丹波(の一部):丹波も本当は北は福知山、宮津、南は亀岡、西は篠山一帯が丹波。
但馬:東は城崎温泉のある豊岡、西は新温泉町、南は朝来で播磨と接している。
播磨:東は垂水、西は赤穂、北は宍粟や西脇、南は播磨灘ともっとも面積が大きい。
淡路:言わずと知れた淡路島。

これだけの国があるんだから、正直、兵庫県でまとまるのは難しいでしょうね。
それぞれ特徴や特色を出していくのが一番いいようにお思います。

兵庫五国祭は年に2回開催しています。

兵庫五国祭は、2月と9月の2回実施されています。
それぞれ2日間の催しで、五国各地の特徴ある食を中心としたお店が約70ほど出店しています。
平均で両日合わせて約1万~2万人の方が訪れているようです。

「体験コーナー」に出店しました。

武楽衆は、「体験コーナー」で出店しました。甲冑の着付け体験と加古川武将隊による賑やかしを行いました。
他には加古川の乗馬クラブさんによるポニー乗馬体験や但馬のゆるキャラ玄さんのふわふわ遊具なども。

加古川武将隊メンバーの方、暑い中出陣お疲れさまでした!!


甲冑レンタル甲冑制作オーダーメイド陣羽織制作小物制作着付け体験イベントなどのご相談はお問い合わせよりご連絡ください!

ネットショップからのご購入をご希望の場合は、以下のショップからご注文ください。
BASE  https://murakushu.saleshop.jp/
minne 
https://minne.com/@murakushu
SUZURI 
https://suzuri.jp/murakushu


衆長

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です