甲冑(鎧兜)制作&小物制作のご依頼

一家に一領、「甲冑」をもっと身近に。

甲冑は、古い家や博物館に飾ってて、見物するだけではなく、いまや各地の甲冑隊や時代祭り、地域のボランティア活動などで甲冑を着て活躍する人たちが増えています。

「甲冑の制作技術」は埴輪の時代から続く、立派な日本の伝統。確かに、実用することは無いですが、その技術や知識は日本人として後世にしっかりと残していきたいですね。

武楽衆は、プラスティック素材を中心に軽くて使いやすい甲冑を作っており、地域のイベントや活動に使用しています。

<制作のご依頼>

お客様からご依頼があれば、制作もさせていただいておりますが、甲冑というのは現物に触れたり、見たりして買うの難しい代物。

ですので、できるだけ現物を見て、触れていただき、ご納得いただいた上でお請けしております。

1.展示会場にお越しいただく(現在、兵庫県三木市三木甲冑倶楽部内にて展示中)

2.郵送にて、実物をご確認いただく(送料はお客様負担)など

 

<素材や製法>

弊衆では、プラスティックの板を元に各部のパーツを制作いたします。
このプラスティックは、柔軟性があり、少々の衝撃では割れたりしません。
(ただし、夏場に車内に長時間おいておく等、温度が上がると曲がる可能性がありますので、保管・管理にはご注意ください)
製法は、甲冑師と呼ばれる方々と基本は同じですが、素材がプラスティックであることから、その部分の加工方法は独自のものになります。

甲冑一式 制作内容(例)
● 三物(兜、胴&草摺り、袖)
● 三具(籠手、佩楯、脛当)

 *板物・威し糸の色、三具(籠手・佩楯・脛当)の家地(表生地)の柄、兜の立て物など、デザインについては、お見積り時に詳細をお伺いいたします。

 

<価格と納期>

一番気になる価格ですが、デザインによって大きく変わります。例えば、兜は不要、鎖帷子は不要、毛引きではなく素懸けでよい、などなど内容によって作業量が大きく変わりますので、ご予算と相談させていただきながら、検討させていただければと思います。

納期は通常は1.5ヵ月~2か月を頂戴しております。その時のご依頼件数などによって、多少伸びる場合がございます。

ご質問やご要望がございましたら、お問合せください。

 

<これまでの制作実績>

 

<制作の流れ>

1.お問合せ&お見積り

2.お見積りのご検討

3.正式なご注文と制作の開始

4.制作完了と商品のお客様先への発送

5.お客様による商品確認とお支払い

*5.の際に、現物をご確認いただき、ご納得いただけましたら料金をお支払いいただきます。
仮に、納得がいかない場合は商品をご返送ください。キャンセルとして扱わせていただきます。(送料はお客様負担)