真田昌幸公「昇り梯子具足」を制作


<現代の政治家にいてほしい、真田昌幸公>

真田昌幸公は、ご存知、あの真田信繁(幸村)の父です。ちなみに、信繁の兄は信之(前は信幸)で徳川重臣本多忠勝の娘小松姫と結婚し、初代松代藩主となりました。

真田昌幸公は、その父幸隆の三男で、一時は武藤家を継いでいましたが、長篠の合戦で信綱、昌輝の兄が討死したため、真田家を継ぎました。その後は、「真田丸」で草刈さんが演じたように、武田、織田、徳川、上杉など老獪に戦国の世を生き抜き、家名を守った名将です。

関ケ原で兄信之を東軍へ、自身と弟信繁は西軍について戦い、信繁と共に紀州九度山で幽閉生活となり、その地で亡くなりました。

<登り梯子の具足>

真田昌幸公と言えば、胴に昇り梯子が描かれた具足で有名です。現在、上田で拝見できる具足は黒色ですが、どうやら松代城の火災の被害に合い、補修された後のようで、本来は「朱色」で会ったとも言います。(もともと黒であったとも・・・)今回は、それを信じて、朱色(というか赤色ですが)で制作し、本来の姿どうだったのか想像してみました。

全体の色は朱色(赤色)。兜は突盃形(とっぱいなり)に四段毛引きの錣(しころ)。大天衝の前立て。胴は仏胴、胸に昇り梯子を金色で。草摺りは七間四段の毛引き。佩楯(はいだて)は板佩楯。篠の脛当。籠手は瓢箪(に似せた(笑))札ものを鎖で。袖は無しにしました。面具はおまけで。あと、毛皮の羽織もおまけで。


甲冑レンタル甲冑制作オーダーメイド陣羽織制作小物制作着付け体験イベントなどのご相談はお問い合わせよりご連絡ください!

ネットショップからのご購入をご希望の場合は、以下のショップからご注文ください。
BASE  https://murakushu.saleshop.jp/
minne 
https://minne.com/@murakushu
SUZURI 
https://suzuri.jp/murakushu


衆長

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です