黒田官兵衛ゆかりの地、廣峯神社


姫路城の北東に位置する神社「廣峯神社」。

733年に吉備真備により開かれて続く、由緒ある神社です。姫路駅からのバスで、麓の廣峯バス停までいけますが、そこから40~50分ほど道路を歩いていかないとたどり着けません。車があるなら車で行くことをお勧めます。

入り口についたと思いきや、まだ本堂まではすこし登山が続きます。

廣峯神社には、多くの社家があり、いまでの館の跡がいくつかあります。

ようやく、本殿入口へ到着。

ここは、九星詣りが有名で、自分の暦の神様にお願いをします。自分の星のお札を買い、願い事を書いたら、社殿裏手にある自分の星の穴に奉納し、その穴に向かって願い事を囁きます。

全国でも珍しいお願いの仕方ですね。ぜひ、あなたも一度お参り行ってください。



衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す