大谷刑部の頭巾を制作。


頭巾と言えば、やはり関ケ原で散った義の武将、大谷吉継公の白頭巾。

吉継頭巾に限らず、時代劇関連の頭巾ってのは、「作り方」というのはほとんどネット上には転がっていません。
最終系を凝視して、どのような構造なのか頭をフル回転するしかないです。
(もちろん、そのあたり”ツテ”とか”ノウハウ”のある方はいるでしょうが・・・)

お買い求めはネットショップから。



衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す