【レンタル】第12回武田信玄狼煙リレー


甲斐の虎・武田信玄の狼煙を再現!

戦国時代、携帯電話など当然無い時代。そんな時代でも「情報」を早く握ったものが勝利します。
当時の情報伝達手段は「狼煙(のろし)」。
複数の山々で拠点を作り、そこで狼煙を上げて連絡を取っていました。

「武田信玄狼煙リレー」は、地元の有志の方々が中心となり、信濃国(長野県)伊那谷から諏訪地域そして甲斐国(山梨県)へと狼煙を再現するイベントです。狼煙リレー以外にも、 城館跡の探訪会や城絵図展などの企画もあったようです。

伝統あるイベントにご利用いただき、嬉しく思います。



衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す