一色家守護代三方範忠が築城と伝わる美豆城


美豆城

美豆城跡にある看板によると、1418年に守護一色家の守護代であった三方山城守入道範忠がこの地に入部し、城(おそらく館)を築城したといいます。

現在は涼森神社があり、鳥居の前に石碑と看板があるのみで、その他の遺構はなさそうです。
場所としては宇治川と桂川の中州にあり、船交通の要衝とも言えそうです。


衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す