山内一豊、内助の功

山内一豊は尾張出身の武将で信長・秀吉の元で勇猛果敢に戦い出世した。
秀吉の有能な家臣として活躍し、長浜城、掛川城を領した。関ヶ原合戦では東軍・家康につき、戦後に土佐一国を与えられた。大河ドラマでも描かれたが、妻が身を切って金子を用意して良馬を買って夫の面目を保った「内助の功」は有名。

数少ない現存天守の城。天守だけでなく、本丸御殿も残っている。


コメントを残す