【甲冑関連】立花宗茂公 伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足の兜を制作


実際はかれこれ半年以上前になるかと思いますが、立花宗茂公の兜を制作いたしました。

有名な伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足の月輪脇立ての兜です。

兜鉢から基本的にはほとんどプラスティック製です。脇立ては木製。

特徴である後ろ立ての鳥の尾ですが、本来はこの倍くらい長い長さで量ももっと多いのですが、なかなか入手できず、このレベルで収めてしまいました。



衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です