竹中半兵衛重治所用「鱗鎧」の兜@林原美術館


岡山の林原美術館に、竹中半兵衛重治公が所用と伝わる「鱗鎧」があります。
今回、池田家の秘宝を見たく、訪れました。

竹中半兵衛重治公

竹中半兵衛といえば、黒田官兵衛と並んで「両兵衛」と言われた、羽柴秀吉の軍師。
元は美濃の国、斎藤家の家臣だったところを織田信長の美濃攻めの際に秀吉が「三顧の礼」をもって味方にしたという話が良くドラマでも描かれています。

秀吉が近江長浜城主となり、その後各地を転戦・武功を上げていく大きな力となりました。
そして播磨三木城の別所攻めの際、平井山の秀吉本陣のすぐ隣で陣を張っていましたが、ここで病魔に襲われ、命を落としました。
三木平井山には竹中重治公のお墓があり、毎年供養祭が行われています。

竹中半兵衛重治公の魚鱗札二枚胴具足の兜。

竹中半兵衛重治公の甲冑は大原美術館さんが所有とのことで、このたび修復が完了し、15年ぶりに公開とのことで、ラッキーでした。

備前刀展

「備前刀展」を特別展としてやっていたのですが、それはそれ、あとは常設展を見ようと思ったのですが、こちらは常に企画展をして展示品を入れ替えているようで、この展示以外は残念ながらみれませんでした。

私は刀にはあまり興味がなく、刀剣女子のみなさんが必死に解説を聞かれているさなか、流れるように見て回りました。とはいえ、それは誰が持っていたのもか、どの戦いで使われたものなのかなど「ストーリー」があると、とたんに興味がわきます。

一つ目は、播磨赤松家の家臣だった浦上則宗が作らせた脇差。

2つ目は、尼子家家臣の宇山家が作らせた薙刀。尼子家復興戦で使われたのでしょうか。


甲冑レンタル甲冑制作オーダーメイド陣羽織制作小物制作着付け体験イベントなどのご相談はお問い合わせよりご連絡ください!

ネットショップからのご購入をご希望の場合は、以下のショップからご注文ください。
BASE  https://murakushu.saleshop.jp/
minne 
https://minne.com/@murakushu
SUZURI 
https://suzuri.jp/murakushu


衆長

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です