林ノ城(船上城)を築城した別所吉親が拝んだ観音像がある浄蓮寺


明石の城といえば、明石城
ですが、その前は船上城、いや、その前の林ノ城から知っておきたいものです。

戦国時代、播磨守護赤松氏が凋落すると、東播磨は三木の別所氏が大きな力を持つようになりました。明石の地も同様に別所氏の影響力下にあり、別所吉親が林ノ城を築城します。

その吉親がずっと崇拝していたといわれる観音像が浄蓮寺の本堂に安置されています。
本堂の左側の丸い窓から拝見させていただくことができます。
御住職とお話ししたところ、見えるのはレプリカで、本当のご本尊は扉の奥。



衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す