石田治部少輔三成:乱髪天衝脇立兜


石田三成と言えば、この兜。

大河ドラマなどでは、関ケ原の合戦で石田三成が被っている兜は、だいたいがこの兜。
実際にはヤクの毛などで兜鉢を覆い、木製の脇立てに金箔を押した脇立てであっただろうと思われます。本当は・・・関ケ原で三成がこの兜を着用していたかどうかは、確かな情報ではないのですが、もうみんなのイメージは固まっており、なんといっても、この方がカッコイイですよね。

  • 𩊱や眉庇はプラスティック製
  • 面頬や兜台は付属しておりません


衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す