龍野城と古城(鶏籠山)


「たつの(竜野)」は姫路のやや西方にある古都・城下町。
その中心にあるのが龍野城。播磨守護赤松氏が最後に本拠を置いたところです。
いま見ることができる大きな門や石垣、御殿の城は、赤松氏が秀吉に敗れ、その後に入った京極氏や脇坂氏が築城した麓の平城です。
赤松氏時代は、その裏山。 「鳥籠山」と呼ばれる、鳥の籠をひっくり返したような形の山に築かれた山城が龍野城(龍野古城)でした。

城の大手門から入っていくと正面に御殿があります。
その御殿の左奥に登山口があり、 そこから1時間ほどの登山で頂上へいけます。

およそ、30~40分くらいの登山で主郭部に到着です。この城の頂上から、揖保川を望みます。
ここには、あの時・・・周りを秀吉軍勢約3万が取り囲んでいたはず。
赤松広秀(のちに、斎村政広)は、やむなく降伏します。


甲冑レンタル甲冑制作オーダーメイド陣羽織制作小物制作着付け体験イベントなどのご相談はお問い合わせよりご連絡ください!

ネットショップ(一部衣装・グッズなど)
BASE  https://murakushu.saleshop.jp/
minne 
https://minne.com/@murakushu

(Visited 4 times, 2 visits today)

アバター

衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

コメントを残す