姫路藩主池田家が構築した高砂城(高砂神社)


高砂駅から南へ徒歩15分ほど。 高砂神社があります。 結構大きな神社で、能舞台も設置されていました。 この能舞台は新しいものだそうで、昔あったものは400年前、千姫も訪れたという歴史あるものだったそうです。

この神社は、池田家が姫路に入った時に一時築城・整備した高砂城でした。
残念ながら、土塁や礎石など、遺構は残っていないようです。

あと、こちらの神社に限らず、お寺や神社にきたら、是非瓦を見てください。
ここ高砂神社の瓦には、立ち葵という家紋が付いています。
これは、姫路藩の藩主が本多家だった時に、この社に投資して改築したぞというしるしです。
つまり、どこの家の影響力が強いのか、強かったのかが分かるわけです。

2015-12-05 13.51.24

この神社には天然記念物の松の木「相生の松」が鎮座しています。 近くにいるだけで、そのパワーを感じる気がします。



衆長

武楽衆の衆長です。 日本全国を戦国リアルシュミレーションの舞台とする野望を追究します。

1件の返信

  1. 2021年11月4日

    […] 高砂城主梶原氏と三浦氏が眠る十輪寺 ここが梶原氏の高砂城?三社神社に残る小松原城跡 姫路藩主池田家が構築した高砂城(高砂神社) […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。